top of page
  • 執筆者の写真t-saeki

Satoshi Island(STC)に期待するよりビットコインが既存の不動産購入に浸透するのを待った方が良いと思う

最近Twitterで知ったのですが、サトシアイランドなるプロジェクトがあるそうですね。


1つの島を使って不動産系NFTなどを使ってクリプト系の人々のための島を作るプロジェクトのようです。

そのプロジェクトのトークン【STC】もあるようです。



結構な人が期待をしているようですが、私はそこまで期待しておりません。

理由は、このテの不動産系の仮想通貨プロジェクトで成功した例を見た事が無いからです。


いつの間にか全然違うプロジェクトになっていたり、酷い場合にはプロジェクト自体がサイトごと無くなっていたり…。


そんな状況なので、何かしらのプロジェクト、そのプロジェクトの関連するトークンに期待するよりも既存の不動産売買のシステムにビットコインが使用可能になり普及するのを待ちながらビットコインを買い集めるほうが良いと思っております。


現状、ビットコインの法定通貨で見た価値は下がっていますが、ビットコインを決済などに使用可能になっている会社は着々と増えている訳ですから。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

仮想通貨取引で日本はどんな実力のあるトレーダーや富裕層がいても海外に勝てない理由

短刀直入に言うと、税制です。 日本は持っている仮想通貨を他の仮想通貨に換えた時点で税金が発生します。 つまり、取引する度に税金が発生する事になります。 これは何度も取引する際に非常に不利です。 仮想通貨取引で税金のかからない国とでは取引のしやすさという面で圧倒的な差があります。 日本の場合は仮想通貨取引の税金が最大55%はかかります。 その税金がなければより多くの資金を仮想通貨の取引に使えるのに、

Comments


bottom of page