SafeMarsのホワイトペーパー(whitepaper)の一部を日本語訳してみた。


最近購入したSafeMars。

しかし、購入したはいい物の色々調べてみたのですが、日本語での記事や情報がまるでない。(誰か一人くらいしていてもと思ったのですが…(笑))



仕方がないので自分でホワイトペーパーの一部を翻訳ツールとか使って自分なりに翻訳してみました。

それを折角なのでここに掲載しておきます。


SafeMarsのホワイトペーパー(whitepaper)の一部を日本語訳してみた。

ただし、あくまで完全な素人の翻訳ですのでそこはご了承ください。


~~~~~

2ページ目

Overview

The DeFi space has exploded in the recent months. Yield Farming, Staking and

Liquidity Mining have taken the space by storm, with participants earning by basically

"locking" their tokens for a time.

While generally great, these concepts have one downside: impermanent loss (IL). If

you are farming/staking and the value of the underlying token changes significantly,

even though you still get rewards, the value will far less than if you simply held your

tokens.


概要

ここ数ヶ月で爆発的に増えたDeFiスペース。Yield Farming, Staking and

リクイディティマイニングがこの分野を席巻し、参加者は基本的に自分のトークンを

トークンを一時的に「ロック」することで収益を得ます。

一般的には素晴らしいことですが、これらのコンセプトには、無期限の損失(IL)という欠点があります。

もしトークンの価値が大きく変動した場合、報酬は得られてもその価値は単にトークンを保有している場合よりもはるかに低いものになります。


3ページ目

The SAFEMARS smart contract applies a 4% fee on all transactions (buys/sells). Out of

this, 2% is automatically distributed to holders, without farming! This means the

amount of tokens in your wallet will forever increase as people transact. This way IL is

avoided altogether and in effect you get paid for just holding SAFEMARS.

In addition, the SAFEMARS smart contract also takes 2% of each transaction and

automatically adds it to the liquidity pool. The liquidity pool will continuously increase,

which leads to a higher price floor of SAFEMARS.


SAFEMARSのスマートコントラクトは、すべての取引(買い/売り)に4%の手数料を適用します。そのうちの

そのうちの2%は、農業を行わずに自動的にホルダーに分配されます。これはつまり

ウォレット内のトークンの量は、人々が取引を行うことで永遠に増加します。この方法では、ILを完全に回避することができ、実質的にSAFEMARSを保有しているだけで報酬を得ることができます。

さらに、SAFEMARSのスマートコントラクトは、各取引の2%を受け取り

自動的に流動性プールに追加されます。流動性プールは継続的に増加します。

その結果、SAFEMARSのプライスフロアが高くなります。


4ページ目

This is what SAFEMARS aims to accomplish:

You don't have to farm, stake or deposit your SAFEMARS.

Simply hold it in your wallet and you will get more!


これがSAFEMARSの目指すところです。

SAFEMARSは、ファーム、ステーク、デポジットの必要がありません。

SAFEMARSを財布に入れておくだけで、より多くの利益を得ることができます。


5ページ目

Overview

SAFEMARS is an autonomous yield and liquidity

generation protocol that aims to directly reward its

holders whilst concurrently increasing liquidity.

This is funded by a 4% tax taken from each and

every transaction.

Consequently, the protocol has a permanently

increasing price floor, with all investors earning

additional SAFEMARS tokens just for holding.


概要

SAFEMARSは、自律的にイールドとリクイディティを生成するプロトコルです。

利回りと流動性を生み出す自律的なプロトコルで、保有者に直接報酬を与えると同時に

保有者に直接報酬を与えると同時に、流動性を高めることを目的としています。


これは、各取引から4%の税金を徴収することで実現しています。

課税されます。

その結果、このプロトコルでは、永続的に

プライスフロアが上昇します。

すべての投資家は、保有するだけで

投資家は保有するだけでSAFEMARSトークンを獲得できます。


6ページ目

Reflection

SAFEMARS resides within a class of token that rewards investors just for

holding, the amount of rewards received increases over time the longer an

investor holds for.

Holders are also rewarded for the success of SAFEMARS with higher

transaction volumes leading to increased fees, and rewards for distribution.

We believe this mechanism provides investors with an active stake inSAFEMARS success!


リフレクション

SAFEMARSは、保有しているだけで投資家に報酬が支払われるクラスのトークンです。

投資家が保有するだけで報酬を得ることができます。

投資家が長く保有すればするほど、受け取る報酬の額は大きくなります。

また、SAFEMARSが成功すれば、取引量が増えれば手数料が増加し、流通量が増えれば報酬が支払われます。

また、保有者は、取引量の増加に伴う手数料の増加や、配信に対する報酬などにより、SAFEMARSの成功に報いられます。

このような仕組みにより、投資家の皆様には、SAFEMARSの成功に積極的に関与していただけると考えています。この仕組みにより、投資家はセーフマースの成功に積極的に関わることができると考えています。


7ページ目

グラフメインなので省略



8ページ目

Token Burn

Following launch, 53.515% of the total supply of SAFEMARS was sent to the black hole

address, permanently reducing the supply.


Black Hole Address: 0x000000000000000000000000000000000000dead


As the black hole address is classified as a SAFEMARS holder it also receives a share

of each transaction fee. Each share is burned leading to a persistently reducing

circulating supply of SAFEMARS


トークンバーン

発売後、SAFEMARSの総供給量の53.515%がブラックホールにに送られ、供給量が恒久的に減少しました。


ブラックホール・アドレス 0x000000000000000000000000000000000000dead


ブラックホールアドレスは、SAFEMARSの保有者として分類されているため、各取引手数料の

各取引手数料のシェアを受け取る。それぞれのシェアは焼却され、SAFEMARSの流通量は継続的に減少します。

循環しているSAFEMARSの供給量を減らし続けることになる。


9ページ目

Liquidity Pool


SAFEMARS was launched with an initial supply of liquidity in the form of BNB/SAFEMARS LP Tokens.

Ownership of the tokens was renounced by sending them to the burn address:

0x0000000000000000000000000000000000000000

This was performed to protect investors by preventing the possibility of a rug pull via liquidity removal for example.

Additional liquidity is automatically added to SAFEMARS from the 2% fee that is generated from each transaction.

The fee is added to the liquidity pool by transforming it into BNB/SAFEMARS LP

Tokens, with ownership of the tokens renounced by sending them to the burn address.

Consequently, the token has a permanently increasing price floor in addition to an effectively reducing circulating supply of SAFEMARS that are locked in the liquidity pool.


流動性プール

SAFEMARSは、BNB/SAFEMARS LPトークンという形で流動性の初期供給を受けて発足しました。

トークンの所有権は、バーンアドレスに送ることで放棄されました。

0x0000000000000000000000000000000000000000

これは、投資家を保護するために行われたもので、例えば、流動性の除去によるラグプルの可能性を防ぐことができます。

追加の流動性は、各取引から発生する2%の手数料から自動的にSAFEMARSに追加されます。

この手数料は、BNB/SAFEMARS LPに変換されて流動性プールに追加されトークンに変換されます。トークンの所有権は、バーンアドレスに送ることで放棄されます。


その結果、このトークンは、流動性プールに固定されたSAFEMARSの循環供給量が効果的に減少することに加えて、永続的に上昇するプライスフロアを持っています。



10ページ目

To ensure that SAFEMARS is unruggable, we continuously "burn" these tokens, thereby locking liquidity forever. The burns are completely transparent, visible on the blockchain, and performed daily.


Liquidity Locking FOR-EVER.


流動性のロック


SAFEMARSが不正行為をしないように、トークンを継続的に「燃やす」ことで トークンを燃やし続けることで、流動性を永遠にロックします。焼却は完全に透明でブロックチェーン上で見ることができ、毎日行われています。


永遠に流動性をロックします。

~~~~~

以上です。

ざっくり箇条書きに書くと


・SafeMarsの売買を行うと4%の手数料が発生します。

・その手数料の一部がSafeMarsホルダーに還元されます。

・残りの手数料は一部が焼却用アドレスに移され、残りが流動性プールに回されます。

・これにより希少性が高くなっていくのと同時に流動性も維持されます。


…といった感じでしょうか?


購入及び保有方法に関しては既に前回の記事でご紹介しております。


しかし、売買ごとに手数料4%は結構高いですよねぇ。

売買額が多ければその分手数料も下がっていくようなシステムでないと大口の取引は難しいような気がしますけどどうなんですかね?

そこは今後のトークンの利用価値を増やしてカバーしていく感じなのでしょうか?


まぁ、今後の調整やら開発に期待ですね。


SafeMarsはこちら







17回の閲覧0件のコメント