top of page
  • 執筆者の写真t-saeki

NFTを売る際は[何が出来るか]を提供しないといけないと思っている。では何もない状態からどのような特典を提供するか


現在、色んな人がNFTを販売しています。しかし、その中には南尾特典も無いNFTという物もあります。


私個人としては、NFTで何かを販売するならば、[何が出来るようになるか]などNFTというただのデジタルイラストなどでは出来ない事をすべきだ思うのですよね。

なんの特典もないいち個人のNFTなんて買うメリットも理由も無いのですよ。


昔ならば[NFT]という物珍しさというだけで売れていましたが、それももう過去の話です。

それに、ただのデジタルイラストならば別にNFTである必要が無いのですのね。


そんなNFTを買う位ならデザインが気に入ったならそのデザインのNFT以外のグッズなどを買うか、現実に形のある自分好みの絵画を買ったほうが正直良いと思っています。(実際、特に年配の方にはそんな考えの方もいましたし)


だからこそ、「NFTであるという事」で何か特典を持たせるようにするべきなのです。

NFTを売る際は[何が出来るか]を提供しないといけないと思っている。では何もない状態からどのような特典を提供するか ロードマップ

かといって、いきなり何もない状態、しかも個人でいきなり大きな得点を付与するのは難しいでしょう。では、今回はいち個人で何もない状態からどんな特典を付与していけば良いのか、今からそれを紹介していきたいと思います。


一番よくある所では、限定コミュニティの作成でしょう。

特定のNFTを持っているだけでその保有者限定のコミュニティを作成しそこに入れるようにするのです。


プログラミングなどが出来ないと不可能なような気がしますが、NFTマーケットであるHEXAではプログラミングの知識もなく簡単に保有者限定コミュニティが作成できるのでこの特典作成のハードルは大きく下がっていると思います。

HEXAでNFTを販売している人は作っておいて損はないと思います。クリエイターは無料でつくれますしね。


それ以外、例えば専用コミュニティを作ったはいいけどそこで何をすべきか分からないという人は、[売り上げでしたい事]の情報を提供するという案を提供します。

売り上げが発生した際にその売り上げを使ってどんな事をしたのかを保有者限定コミュニティで報告するのです。

自分が応援にために使ったお金がどんな風につかわれているのか、気になる人は多いと思います。


じゃあ、どんあ事に使えば良いのか?という悩みが発生するでしょう。

そこで私は[発行上限の通貨の保管による流通量減少への貢献]を提案します。

例えば、売り上げを使いビットコインを購入し保管専用のウォレットなどに保管し続けるのです。

ウォレットのアドレスは後悔してちゃんと保管しているか、コミュニティで確認してもらえるようにすれば透明性も上がり特典としての価値が上がるでしょう。

そしてNFTの売り上げのみを使う用にすれば、自分の財布にダメージもありません。


以上、何もない状態で始めるNFT特典の案でした。

そして今後、あなたのNFTが人気になっていけばこれ以上の特典を付与していけば良いのです。


ちなみに、私のHEXAで販売しているNFTの特典はこちら。

また、今後将来出来るようにしたいと考えている目標はこちら。



閲覧数:1回0件のコメント

Comments


bottom of page