top of page
  • 執筆者の写真t-saeki

KleverのK5(Testflight)ウォレット使ってKLVステーキングやり始めてみました。旅行資金貯めようと思います。


で、このK5ウォレットで、そのKleverのトークンであるKLVをステーキングし始めました。

KleverのK5ウォレット使ってKLVステーキングやり始めてみました。旅行資金貯めようと思います。

なんでKLVを私が持ち始めたのかというと、このKLVはTravala.comで予約したフライト料金やホテル料金に使う事が出来るからです。


そこで、KLVをコツコツステーキングして貯めた資金を旅行の移動費とかに使えたらなと思っています。


現状、少額ではありますが時価総額が今後上がってきたら嬉しいなぁと思っています。

ちなみに、KLVの最大発行量は100億KLVらしいので一人10万KLV持つとしたら10万人分しかありません。

今の価格を考えると意外と少ないのではないでしょうか?


旅行できるようになったら報告しようと思います。


唯一の心配事と言えば、このK5ウォレットは現状テスト版なのですが正規版になった時に日本でちゃんと使い続けられるかどうかと言う点です。

以前別のアプリでテスト版では日本で使えてたのに正規版になったら日本で使えなくなったという事があったので…。


Kleverのサイトはこちら







閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

仮想通貨取引で日本はどんな実力のあるトレーダーや富裕層がいても海外に勝てない理由

短刀直入に言うと、税制です。 日本は持っている仮想通貨を他の仮想通貨に換えた時点で税金が発生します。 つまり、取引する度に税金が発生する事になります。 これは何度も取引する際に非常に不利です。 仮想通貨取引で税金のかからない国とでは取引のしやすさという面で圧倒的な差があります。 日本の場合は仮想通貨取引の税金が最大55%はかかります。 その税金がなければより多くの資金を仮想通貨の取引に使えるのに、

Comments


bottom of page