BiswapのRobiNFTステーキング始めてみました。配当は高いが高リスク。


最近、再びBISWAPに力を入れ始めました。


何か色々とサービスが増えてました。トークンのBSWもバイナンスに上場していましたし今後に期待ですね。


で、そんな増えたサービスの1つであるNFTステーキングを始めてみました。


BiswapのRobiNFTステーキング始めてみました。配当は高いが高リスク APY APR 利率

APY1800%、ARP290%程度(※20224/4/11記事執筆時点)とかなり高配当です。



方法はまずBiswap MarketでRobiNFTを購入します。

BiswapのRobiNFTステーキング始めてみました。配当は高いが高リスク マーケットプライス BSW 買い方

ROBINFTの[Robi boost(RB)]の数値が高ければ高いほどNFTステーキングした際に稼げる量が多くなります。勿論Robi boostが高ければ高いほど高価になるのですが…。

ちなみに、私が買ったときは10RBのNFTで70BSWほどでした。


尚、購入には事前にBSWと手数料のBNBが必要になるので事前にBISWAPやバイナンスで購入しておきましょう。

購入したRobiNFTはすぐにステーキングに使う事が出来ます。


ぱっと見、かなり魅力的に感じてしまうのですが普通にBSWステーキングするよるりかなりリスク高い気がします。


例えば普通のBSWのステーキングなら、利率が悪くなったりBSW自体の価値が下がったとしてもいくらか損が出ようとも取引所ですぐに売れる(他の通貨に替える)事が出来る訳です。

しかし、NFTの場合その価値が下がった時に果たして買ってくれる人がいるのかという問題があります。売れずにずっと手元にゴミになるまで残ってしまうというリスクさえある訳です。

あと、配当の割り当て計算に使われるRBの価格がよく分からないという点です。

そこの部分を説明しているであろう部分を翻訳してもよく分かりませんでした。

ただし、これは単に私の頭が悪いだけで普通の人なら分かるのかもしれません(笑)


そのリスクを考えたら別にNFTステーキングでなくても普通にBISWAPでBSWステーキングで良い気もします。

稼いだBSWで軽く楽しむ程度が良いのかもしれません。

BiswapのRobiNFTステーキング始めてみました。配当は高いが高リスク。 やり方

BSWのステーキングも相当APY高いですし。


BISWAPはこちら。


閲覧数:7回0件のコメント