仮想通貨オンラインカジノのBetFuryのBFGトークンは今後持続可能な不労所得になり得るのか?

更新日:8月19日


仮想通貨オンラインカジノBetFury。そしてそのBetFuryのトークン『BFG』

このトークンを保有しておけばBetFuryの利益の一部が還元されるのです。


保有しておくだけでBetFuryの利益の一部が配当として貰えるトークンです。

このトークンを保有しておけば保有しておくほど配当の割合も多くなってくる訳です。


BetFuryのBFGトークンは今後持続可能な不労所得になり得るのか?

ではこのトークン、今後持っておくだけで『持続可能な不労所得』になり得るのでしょうか?

『持続可能』かどうかというのが重要です。どんなに不労所得があっても1年足らずで衰退してしまっては意味がありません。むしろ元すら取れないでしょう。


10年、数十年間それなりの量の安定した報酬を貰え続けることが出来てこそ意味がある物でしょう。


そうなるためには勿論、利用する人にとって魅力のある物であり続けなければありません。

『利用する人』と言うのは『トークンを持っている人』の事ではありません。『カジノを利用する人』の事です。

利用する人がいなければトークンを持っていても意味がありませんので。


ただ、現状は以前別の記事にも書きましたが法定通貨をわざわざ仮想通貨に換えてカジノをする人がどれだけいるのかという問題があります。

また、普通に仮想通貨を稼ぎたいだけならカジノよりトレードやステーキングの方がまだ可能性があるでしょう。

ですので、稼ぐ以外の楽しみがどれだけ増やせるかがカギなのではないでしょうか。


現実のカジノは交流の場としての意味も持ち合わせていると聞きます。

お金を稼ぐ場所ではなく、お金を使って楽しみながら様々な人と交流する場所こそがカジノの本当の存在理由なのでしょう。


ですので、オンラインカジノというネット上でその交流の場をどうやって作っていくのかが今後重要なポイントなのかもしれません。

一応素人なりに考えてみると、YouTubeなどでプレイのライブ配信でのコメント欄を含めた交流とかでしょうか?(YouTubeの規約的にOKならでしょうが)


あと、現実にバーなんかを作って会員限定の場所を用意しても良いのかもしれません。

BetFuryには条件(賭けた額とか)によってランクがあります。そのランクによって入る事が出来る場所が決まっているなどがあったら面白いかもしれません。

その場所でオンラインでカジノしながら交流する、というような感じで。


BFGトークンが安定した長期収入を得られるトークンであるためには今後、どれだけ仮想通貨で安定収入を得る人が増えるか、そしてそんな人をどれだけBetFuryが魅力的に感じ、そして長期的に使ってくれる人が多く取り込めるかがカギになる気がします。

前半の方はBetFuryだけでどうにかなる問題ではありませんが、後者に関してはサービス拡大情報発信がどれだけ続けられるかが重要でしょう。


という事で我々のトークン保有者はこの2つの課題をクリアして貰う事が必要な訳です。

『クリアする』のではありません。『クリアして貰う』のです。トークン持っているだけでは何も解決出来ない訳ですから。

言い方はアレですが、そもそもトークンの配当だって他人の活動の恩恵のおこぼれな訳ですしね(笑)


そもそも、まだ仮想通貨の始まりたるビットコイン自体が誕生してまだ10年ほどと間もない事を考えるとそんな仮想通貨という経済圏で不労所得を得ようという下心自体が甘すぎる考えのような気もしますが(笑)

まぁ、夢は何時でも持っておくという事で。


そういう意味では現状、BFGトークンの保有自体がギャンブルなのかもしれません。上手くいけば一気に価値が上がるだろうし、ダメだったらいつの間にか消えているとった感じで。


BetFuryはこちら。

301回の閲覧0件のコメント