top of page

10歳差以上でジェネレーションギャップがあるほどの年の差がある夫婦は超富裕層でも無ければ子供を作ってはいけない

恋愛もしくは見合いなどで夫婦になりお互いの希望によっては子供を産み育てると思います。


しかし、あなたの夫婦が10歳前後以上年齢が離れていて、ジェネレーションギャップがある且つお金に少しでも不安にあるのなら子供を作るは絶対にオススメしません。


子供が価値観の違いで板挟みになるからです。

結婚前などではお互い勢いなどでどうにでもなってしまいますが、いざ結婚して落ち着いたら今まで見えなかった価値観の差という物が見えてきてしまうし、金銭的な不安が有ればお金の使い方、考え方などからその価値観の差が不満になってきます。


そして、その不満のなる雰囲気のダメージを真正面に受ける存在が生まれて物心ついた子供なんですよ。


なんせ最も身近な存在二人が大きく違う価値観で、それぞれの価値観を理解しなきゃいけない訳なんですから。心理的負担は半端ないです。

一番落ち着ける場所でなるべき場所が着かれる場所になるのです。


そんな子供がどんな将来になるのかなんて…さすがに皆まで言わずとも分かりますよね?


そうなったらむしろ離婚してしまったほうがまだマシです。

片方の価値観だけに対応して生きていけるのですから。


なぜそんあ事言うのかと言いますと、私の家庭がそうだったからです。


ただ、歳の差が有って夫婦にジェネレーションギャップがあってもその家庭に有り余るほどお金が有ればそんな不満も中々見えてこないでしょう。

不安が少なければ、大らかな心で生活できますので多少の気になる事(不満の種)も無視する事が出来ます。


もし歳の差が有っても子供が欲しいというのならまず超富裕層になってから子供を産みましょう。


10歳差以上でジェネレーションギャップがあるほどの年の差がある夫婦は超富裕層でも無ければ子供を作ってはいけない 実体験によるその理由

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

環境保護活動家が嫌われる理由と生き物を仕事にしている人間の共通の問題点

最近、ヨーロッパでは環境保護活動家を騙る美術品破壊のテロリストが幅を利かせてますね。 これを放置している理由も意味が分かりませんが、このままだとヨーロッパではまともな保護活動が出来ませんね。 このまま保護活動をしてしまえばテロリストたちに「自分たちの活動の成果だ]と言われて正当化。過激化の言い分を与えてしまう訳ですから。 このままいけば、環境保護活動家全体の印象も下がってしまいます。いや、もう下が

bottom of page