1番AIによる機械化・全自動化が必要なのは安楽死技術なのではないのか説



他人に一番迷惑をかけない死に方はなにか。


学生の頃から時折考える事です。

死ぬ時が来るなら楽に死にたいし、周りに迷惑をかけず満足したまま死にたいわけです。


だとすると、認知症は自分はよく分かっていないにしても周りに迷惑をかけるし、病気も突然の事だったら親戚関係を慌ただしくして迷惑をかける事になる。


だとしたら、自分や周りに都合の良いタイミングで死ぬことが一番迷惑をかけずに死ねるのではないのかなと思うのです。

ろ、なると…やはり安楽死なのかなぁと考える訳ですよ。


一応、スイスでは200万円位で安楽死が出来るらしいので狙うとしたらここかなぁと。


しかし、安楽死をするにしても施術する側の医者も大変だなぁと思う訳です。

どんな理由があれ、殺人を行っている事になる訳ですから。

心的疲労は相当でしょう。


だから、この安楽死技術こそAIによる人の手を介さない自動化が必要じゃないのかと思う訳です。

同意署名、安楽死施術、遺体処理までを全自動で行い人の手もかからず、人の目も触れる必要が無くなる事で医者側の負担も少なくなりより安楽死のハードルも低くなるのではないでしょうか?


…まぁ。だからといって自動販売機でジュースを買って飲む感覚レベルまで安楽死のハードルが下がってしまったらそれはそれで社会問題になりそうな気もしないではないですが(笑)

1番AIによる機械化・全自動化が必要なのは安楽死技術なのではないのか説

久しぶりに強かった台風も過ぎ去り、見上げれば秋らしい雲も出て来るようになりました。






閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示