top of page
  • 執筆者の写真t-saeki

言葉を武器にして戦うなら他の武器とも戦う覚悟を持つ必要があると思う



SNSなどで誰でも発言出来るようになった時代、誰でも意見出来るようになった時代。

言葉を活用できるハードルが下がったのですよね。


その中で言葉を武器に戦おうといった事いう人達も現れました。


別に、言葉で戦うかどうかは個人の勝手なのですが言葉だけで戦う人は他の武器とも戦う覚悟が必要です。

なぜなら相手はどんな武器を持っているか分からないからです。

拳や刃物、場合によって銃を持っているかもしれない、国レベルの戦いならミサイルなんかを使ってくるかもしれません。

それに口だけで戦えるのですか?という話です。


言葉だけで飛んできた銃弾やミサイルを弾き飛ばせますか?無理でしょう。漫画やアニメじゃあるまいし。

戦いという物は平等な条件で起きる事はまずありません。試合ではないので。


言葉という物は誰でも使える武器です。

しかし、いざ有事となれば最弱の武器なのは間違いないでしょう。





閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

環境保護活動家が嫌われる理由と生き物を仕事にしている人間の共通の問題点

最近、ヨーロッパでは環境保護活動家を騙る美術品破壊のテロリストが幅を利かせてますね。 これを放置している理由も意味が分かりませんが、このままだとヨーロッパではまともな保護活動が出来ませんね。 このまま保護活動をしてしまえばテロリストたちに「自分たちの活動の成果だ]と言われて正当化。過激化の言い分を与えてしまう訳ですから。 このままいけば、環境保護活動家全体の印象も下がってしまいます。いや、もう下が

Comments


bottom of page