私がリップル(XRP)に投資しない理由。楽しみが少ない・『特化』は『依存』とも取れる


日本人は他の国に比べリップル(XRP)が好きだそうです。

ただ、私はそこまでリップルに魅力を感じないのですよね。


理由としては

・通貨自体の値上がりしか基本収益の方法が無い


・ブリッジ通貨としてしか出来る事が無い

この2つです。


まず、このXRP利益を得る方法が取引所が行っている『貸仮想通貨』を除けば通貨の値上がりしかないという点です。

現在、ステーキングなど様々な方法で収益を得る事の出来る通貨が増えています。

現状の法定通貨も投資なり預金なりで持っているだけで通貨を増やす方法があります。しかし、リップルはそれが不可能なのです。

唯一増やす事が可能な『貸仮想通貨』も空きが無ければ申請できませんし、通貨自体の特性ではなく取引所のサービスです。

そして何より、このXRPの大半を持っているのが発行元のリップル社です。

多くをロックアップして動かせない状況にしているとはいえ、このXRPの価格は発行元の状況次第でどうにもなってしまうとも取れます。


他の仮想通貨にも『クジラ』と呼ばれる価格に影響を及ぼせるほどの大口の保有者はいますが、彼らは『発行元』ではありませんのでその辺りとは大きく違います。


もう1つがこの通貨が法定通貨のブリッジ通貨という事しか出来る事が無い事です。

ブリッジ通貨とは通貨同士の架け橋を行い国際送金などをしやすくするサービスだそうです。

このリップルはそれしかないのですよね。特化していると言えば聞こえは良いですが、ある意味で法定通貨の欠点に依存しているとも言えます。

そして、今後このリップルに勝るサービスや方法が出てきたら一気に存在価値が無くなる事になります。これってかなりリスクが高い事ですよね。


例えばの話です。

今後仮想通貨の中で最も認知度が高いビットコイン、もしくはイーサリアムがアップグレードされ使いやすくなり信用も増え企業間の取引に使われたとしましょう。そうなってしまったらもうリップルが間に入る理由自体が無くなってしまうのです。

(ただ、もしそうなった場合、リップルだけではなく他の多くの仮想通貨も存在理由が無くなってしまうでしょうが…)


他にも、通貨の送金スピードなどの面も魅力と言われていますが、送金スピードも速い通貨は他にもあります。


そういう面で一般仮想通貨エンジョイ勢としては、信用も持てないし、持っている楽しみも円での価格の上下の観察だけなので少ないのです。


そういう訳で、私は現状リップル(XRP)には投資しない事にしています。




1回の閲覧0件のコメント