top of page
  • 執筆者の写真t-saeki

知識は『重り』であると思う

知識は重りであると思う。

勉強したり本を読んだりして得れば得るほど重くなってくる。


『重り』と聞くと悪いイメージを持つかもしれないが、重りを背負っているからこそ慎重になり無駄な動きをしなくなる。

その重りの持ち方を変えるという『工夫』もするだろう。


そして、重い物を持っているからこそ目標まで最短で行こうとする。


つまり、元から持っている知識のおかげで怪しい話に引っかかりにくくなるし、仕事などの物事の成功も素早く、そして数多く出来るようになるだろうという事です。


しかし、一度足を踏み外し落ちていく事になったらその重りの重さで一気に落ちていく事になるだろう。

つまり、得た知識を詐欺などの悪事に使用してしまうという事です。

知識は『重り』であると思う いい意味で
閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

環境保護活動家が嫌われる理由と生き物を仕事にしている人間の共通の問題点

最近、ヨーロッパでは環境保護活動家を騙る美術品破壊のテロリストが幅を利かせてますね。 これを放置している理由も意味が分かりませんが、このままだとヨーロッパではまともな保護活動が出来ませんね。 このまま保護活動をしてしまえばテロリストたちに「自分たちの活動の成果だ]と言われて正当化。過激化の言い分を与えてしまう訳ですから。 このままいけば、環境保護活動家全体の印象も下がってしまいます。いや、もう下が

bottom of page