暗号資産の『通貨』としての魅力も『資産』としての価値も最後にはビットコインとイーサリアムが全部持っていくのではないだろうかと思ったり

私が仮想通貨に初めて触れた場所はビットフライヤーでした。

もう何年前か忘れましたけどその時は取り扱い通貨はビットコインとイーサリアムの2つだけだったのですよね。


今では相当な数の仮想通貨があります。


暗号資産の『通貨』としての価値も『資産』としての価値も最後にはビットコインとイーサリアムが全部持っていくのではないだろうかと思ったり

勿論これだけではありません。世界にはもう既に何千という通貨(+トークン)があるという話もあります。もう数えきれないほどあります。

勿論、様々な目的のために作られてはいるのでしょうが、その中で目的を達成した&ちゃんと結果出してる通貨がどれほどあるのか?という話ですよ。


今でもIPOなんかで新しい通貨が出てきていますが、もうそろそろいいんじゃないのかないのかなと思うのです。

何かやりたい事は既存の通貨(ブロックチェーンのシステム)でほぼ出来るのでは無いでしょうか?なんたって通貨もブロックチェーンも数えきれない位既にあるのですから。


だから、そろそろ仮想通貨も『既存の通貨(とシステム)で何が出来るか』を考えていかなくてはならないと思うのですよね。

…でもIPOとか儲かるんだろうなぁ(笑)


個人的には今後、ビットコインとイーサリアムがアップデートされていって実用性は今後高くなって出来る事が増えていき他の通貨の魅力をかき消していくのではないのかなと思っています。


そうなれば、「仮想通貨とは?」と聞かれたら真っ先に出てくるであろうというレベルの知名度を持つ2つの通貨が知名度だけでなく使い易ささえ持つ事になります。そうなれば企業はそのビットコインかイーサリアム上でサービスを展開していくのではないでしょうか?

もしそうなったとしたら今ある通貨の大半が存在意義をほぼ失う可能性があるのではないでしょうか?取引停止になるという訳ではありませんが、生き残る(これからも価値が上昇し続ける)通貨はごく僅かになるのではと思っています。


例えば、『通貨』としての機能。仮想通貨の中には送金スピードを上げて取引により使いやすくしようとしている通貨があります。

現在ビットコインもイーサリアムも送金手数料が高く、送金スピードも遅いです。

もしそれが今後のアップデートなどで解決されたりしたら。先ほど書いた通り知名度の面もありますのでその通貨(送金の手軽さ)として発展したビットコイン以外の他の通貨は魅力も必要性もほぼ失う事になります。


特にビットコインは発行上限が決まっているのでその分資産としての価値も高まるでしょう。

イーサリアムも今は発行上限ありませんがもしかしたら将来的に発行上限を設けるなんて話もありますので今後に期待ですね。


仮想通貨は今、戦国時代なんでしょうね。

様々な通貨が生死をかけ、戦っている状況でしょう。その戦いがいつまで続くのか分かりませんが、それが終われば更なる大きな発展に繋がるのいではないでしょうか?


考えれば、今の法定通貨(特にハードカレンシー通貨)だって歴史を見れば様々な通貨が戦争や経済破綻、統合などで現れては消えて今の形になったので仮想通貨も同じ道をたどっているではと思うのです。







2回の閲覧0件のコメント