• t-saeki

日本人が英語が出来ないのは日本語のせいじゃないかと思ったり

あああああああ



最近、少しづつ英語の勉強しています。


日本人が英語が出来ないのは日本語のせいじゃないかと思ったり


理由としては、YouTubeなどで海外の人の発言を理解したくなったのと近いうち(と言っても数年先の話の予定)に海外に行ったときに出来る限り自分の口で話をしたいからです。


英語については学生の頃は全然でしたけど、ある程度「英語使って何がしたいか」が固まると勉強も苦ではありませんねぇ(笑)


日本人は英語が出来る人がかなり少ないという話を聞きますが、その理由に使うタイミングがほとんど無いというのがあるのではないでしょうか?

何のためにやるのか分からない勉強ほどつまらない物はありません。

しかし、私が学生の頃と違い動画などで海外に触れる事も可能になっている現在、今の学生さんは英語に関しては勉強する目的は作り安野ではないかと思います。


あと、もう1つの理由として日本語が既に壁になっている所だと思います。

どんだけ言葉と文字覚えなきゃいけないのという話ですよ。

英語ならA~Zのアルファベットだけなのに、日本語だとひらがなカタカタ、そして漢字と3種類、そして感じに至っては使い方によって読み方が全然違うという有様です。


話し方に至っても謙譲語や丁寧語、尊敬語な使い分けなきゃいけません。

というかこれ完璧に出来る日本人どれだけいるんですかね?


しかし英語にはそんな物ありません。

昔、私の父親が

「日本語には相手を指す言葉だけで君、お前、あなた、彼、彼女、この方、あなた様とか色々あるけど英語は誰でも『You』で済む」

と言っていました。


極端な例ではあるのでしょうが、実際そのような事が他の言葉でもあるのではないでしょうか?

人によっては英語に慣れてしまうと日本語より英語での会話の方が楽という人もいるみたいですし。


日本人は、その日本語を勉強するためにもっと使用人口の多い言葉の勉強の時間を奪われているのではないでしょうか?




閲覧数:1回0件のコメント