日本の格闘技団体RIZINがNFTに参入するみたいですね。ただ色々不安(笑)


日本の格闘技団体、RIZINがNFTに参入するみたいですね。


筆者はそれなりに格闘技は好きなのでRIZINはよく見ています。

この前のムサエフVSサトシなんかRIZINLIVEで見ててめっちゃテンション上がってました。てっきりムサエフが打撃で圧倒するのかと思いましたが…。


今の時代、規模の小さな団体も海外の団体もネットでリアルで見れるのでいい時代ですよねぇ。

少し前まではパンクラスとかDEEPとかもリアルタイムで見ていましたし、UFCとかベラトールとかもちゃんとリアルタイムで見たいなぁとも思っていたのですが最近は色々忙しくて追えていないのが現状です。

特にDEEPに関しては藤田大和選手の活躍を見たいので出来る限り追いたいのですが。


少し話が逸れましたがこのRIZINのNFT、どんな物になるかは今後発表があるみたいですが個人的には格闘技団体のNFT参入は既にUFCなどが行っていて各選手の写真などをトレーディングカード化して販売しているみたいですので。これの後追い的な物になるのではなのではいかと思っています。

ネット上のカードなら輸送とか気にする事無く世界中でトレード可能ですし。


しかし、世界最高峰の格闘技団体であるUFCの後追いをしてもどうしようもない気はします。なんせ知名度が全然違う訳ですから。

RIZINのNFTはUFCが出すNFTに更に何か付加価値が無いと普及は難しいのかなとも思うのです。

例えば…そうですね、特定NFT(その大会に出場する選手が写っている等)保持者限定のバックヤードツアーとかどうでしょう。

それくらいの付加価値は欲しいと思ったりします。


あと、日本の格闘技好きがどれほどNFT…と言うより仮想通貨(暗号資産)などブロックチェーンに触れている人がいるのかというのが気になります。

ただでさえ日本で仮想通貨にそれなりに触れている人なんて限られているでしょうに。その中で更に格闘技が好き、という人がどれほどいるのか。


…どうにも中途半端になりそうな気がしないでもないのですが、まぁ結果は蓋を開けてみなければ分かりませんし、見守っていきたいと思います。



1回の閲覧0件のコメント