top of page

小学生や中学生の子供の先生からの評価に[優しい][ちゃんという事を聞いてくれる]とあったら要注意。やりがい搾取で子供時代の貴重な時間を消費させられている可能性がある

子ども頃、学校でどのような生活をしているかは基本、成績表でのコメントや、授業参観などで担任の教師に直接聞くなど担任の先生からの評価しかありません。


その評価で

「優しくて言う事を聞いてくれる」なんて言葉が出たら気を付けた方が良いかもしれません。

その先生に言いように使われている可能性があります。


先生が手伝いが必要だったり、誰もしたがらない事を口達者に言いくるめさせている等です。

そりゃあ先生だって人間ですから問題児にあの手この手で誰もしてくれない事をするより、言ったら簡単にいう事を聞いてくれる子を利用したくなるに決まっています。


子ども時代の時間と言う物は貴重です、その貴重な時間の中を自分のやりたい事、興味のある事に熱中した方が良いに決まっています。

その貴重な時間を奪われているのです。

そもそも、ハッキリ言って小学校や中学校の先生の手伝いやボランティア活動などの慈善活動は将来に全く役に立ちません。良いように使われるだけです。

進学に影響があるなんて言い方されるかもしれませんが、進学の心配をするのであれば優しい子供になるより成績を上げる方が意味があります。


親後さんはいい子だと言われたら安心するのではなく、自分の息子が良いように使われていないか心配する事が必要です。



小学生や中学生の子供の先生からの評価に[優しい][ちゃんという事を聞いてくれる]とあったら要注意。やりがい搾取で子供時代の貴重な時間を消費させられている可能性がある

閲覧数:0回0件のコメント

Comentarios


bottom of page