将来、クレジットカードや賃貸住宅の審査にビットコイン(BTC)の保有量が影響する未来もあったりするのかなと思ったり


以前、日本だと仮想通貨含め資産をいくら持っていようと無職だとクレカの審査に落ちるみたいな話を聞きました。


現状の仮想通貨の普及度(特に日本)や実用性を考えれば、どんなに仮想通貨持っていようが審査に関係ないは普通かなとは思うのですが、今後仮想通貨が普及した時に仮想通貨、特にビットコインを持つ量に応じて審査に響く、なんて事はあるかもしれませんね。


ビットコインは発行上限が決まっているので保有しているビットコインの価値が希薄される事は無いですし、これほど価値が分かりやすい資産もなかなか無いのではないでしょうか?


もしかしたら、ビットコインの保有量に応じてクレジットカードのランクが変わるレベルの事も起こるかもしれません。


一応、既に特定のアルトコインの保有量に応じてカードを発行しているサービスはありますからね。その延長線上として出てきてもおかしくは無いのかなと。


ちなみに、そのカードサービスというのはこれ。

Crypto.comというサービスです。

ただ、残念ながら日本ではサービス対象外なんですよね…。

登録は出来るので興味がある方は登録だけでもしておくのも面白いかもしれません。

登録はこちら


今後、このようなサービスは増えて来るかもしれません。

が、日本ではサービス対象外で恩恵は受けられなさそうですねぇ…。日本がサービス展開した頃には国内にいたはずの主要な仮想通貨保有者はもう日本にはいないかもしれません。

将来、クレジットカードや賃貸住宅の審査にビットコイン(BTC)の保有量が影響する未来もあったりするのかなと思ったり


閲覧数:0回0件のコメント