top of page

太陽光発電とか蓄電池の検討より先にしないといけないのは耐震性と地盤の確認だよなと

災害などがあった際に電力と言うライフラインの確保のために自宅の屋根に太陽光発電を取り付けたり、蓄電池を設置している方、もしくは検討している方も多いと思います。


太陽光発電とか蓄電池の検討より先にしないといけないのは耐震性と地盤の確認だよなと 災害対策 自信 火災 ライフライン 維持


実際、なにかあった際の対応としてかなり有力だと思います。特にその家がオール電化なら尚更。

しかし、その太陽光発電や蓄電池を設置する前に確認すべき事はその家の耐震性とその家が建っている家の地盤の頑丈さでしょう。


太陽光発電とか蓄電池の検討より先にしないといけないのは耐震性と地盤の確認だよなと 災害対策 自信 火災 ライフライン 維持


なんでかと言いますと、どれだけライフリン対策をしても家や地盤が弱くて地震でその家が崩れてしまったらその貯めた電力も使う事が出来なくなってしまうからです。

避難所などに行かないといけなくなったら蓄電池まで持って行けるわけではありませんからね。


だから、家に蓄電池などを設置する際はまず家の耐震性や地盤のチェックを行い必要なら補強を行う必要があると災害後の映像を見る度に思うのですよね。



ちなみに展示場への見学、相談はポイントサイトを活用する事をオススメします。


見学+相談1件ごとに5000ポイント(1ポイント=1円なので5000円分)貰えます




閲覧数:0回0件のコメント
bottom of page