top of page

取引所のサービスの向上・発展によりWEBウォレットがオワコンになりつつなるその理由とお得な仮想通貨保管先

仮想通貨を預けるためのPCやスマホのウォレット、WEBウォレット。

ハードウェアウォレット等よりお手軽に仮想通貨を預ける事が出来る物で使っている方も多いのではないでしょうか?


WEBウオレットやスマホアプリウオレットの経済的な体力を考えたらより倒産リスクやハッキングリスクの低い取引所に預けて資産運用した方が良い

画像はKa.のウォレット


ただ、このWEBウォレット、今後無くなっていくのでなないかと思うのですよね。

理由は取引所の信用の増加とサービス展開の拡大です。


取引所もWEBウォレット、どちらもネット上で動いている物です。つまり、存在するリスクは同じです。例えばハッキングとか。


そんな同じリスクのでも十分にそのリスクへの対策が出来るのはWEBウォレットのプロジェクトより企業規模は確実に大きい大手取引所のな訳です。

規模多ければ、その分ハッキング対策も強くなります。


また、取引所はWEBウォレットと違い様々な形で収益を上げられるので企業としての体力が多いです。体力が多ければ当然倒産リスクも低いです。

更に、一部取引所は預けた資産額に応じてVIPサービスという物が提供されています。


WEBウオレットやスマホアプリウオレットの倒産やハッキングリスクを考えたらオワコン bybitに仮想通貨を預けてVIPを目指そう

WEBウオレットやスマホアプリウオレットの倒産やハッキングリスクを考えたらオワコン BingXに仮想通貨を預けて資産運用しVIPを目指そう

つまり、WEBウォレットよりリスクが低く、預けた額が多ければ特別なサービスを受ける事が可能になるのです。


少し前まで「取引所に仮想通貨を預けておくのは危険」と言われていましたが、それは取引所という物自体が登場して信用するための実績が足りなかったからです。


しかし、それも時間が[長年の実績]という物を作ってくれ昔からある大手取引所はぼんやりとあった危険性という名の不安はほぼ払拭されていると言っても良いでしょう

(勿論、取引所の倒産リスクが完全に無くなった訳ではないのでその点は注意)


潜在するリスクは同じでWEBウォレットよりハッキングリスクが低く、倒産のリスクも低い。更にあずけた資産額が多ければ特別なサービスもあるとなったら取引所の方が断然魅力的ですよね。


そんな中で今後も生き残っていけるWEBウォレットは


・ブロックチェーンゲーム等と連携して取引などが可能になる

・まだどの大手取引所にも上場していない通貨を購入や運用が出来る


等の特徴があるウォレットしか生き残れないのではないでしょうか?

メジャーな所では様々なブロックチェーンゲームと連携するメタマスク


変わった物で歩いて稼げる仮想通貨SWEATを保管、そして運用出来るサービスSWEAT Walletなどでしょうか?

歩いて仮想通貨を稼げるサービスのWEBウォレット SWEAT Wallet


オススメの取引所は先ほど挙げたVIPサービスが有るbybitとBingXです。


WEBウオレットやスマホアプリウオレットの倒産やハッキングリスクを考えたらオワコン bybitに仮想通貨を預けてVIPを目指そう

WEBウオレットやスマホアプリウオレットの倒産やハッキングリスクを考えたらオワコン BingXに仮想通貨を預けてVIPを目指そう

閲覧数:0回0件のコメント

Комментарии


bottom of page