仮想通貨オンラインカジノには期待しているが、まだ生まれて来るには早かったのではないかとも思ったり


時折ブログにも書いてはいますが、最近私は仮想通貨オンラインカジノ【BetFury】、そしてそのBetFuryのトークンであるBFGを購入しています。


このトークン、預けておけばBetFuryの収益の一部が入って来るという物でギャンブルなどしない人にも恩恵があるというトークンです。


現在は保有しているBFGはステーキングに使って更にBFGを増やしています。

仮想通貨オンラインカジノには期待しているが、まだ生まれて来るには早かったのではないかとも思ったり

とりあえず10000BFGは集めておきたい。


ブログ執筆時点の価格で現在1BFG=0.033$ほど。

集めた当初は0.029$程だったのでほんの少し値上がりしてますね。


BetFuryが認知されていけば、当然このトークンも上がっていくでしょう。

日本はともかく(パチンコは何故か許されてるのにね、おかしいね)海外でカジノのなんかは人気なので今後にも期待はあります。


ただ、期待はしているのですが大きく成長するのはまだかなり先の話なのかなとも思ったりするのです。

なんでそう思うかと言いますと、現状大半の人は大量の仮想通貨を入手するための手段は法定通貨からの購入でしょう。


法定通貨でもカジノ(オンライン含め)はあるのにわざわざ手数料払って仮想通貨に交換してカジノする人がどれだけいるのか?という話ですよ。


仮想通貨で収入を得られる手段、例えば給料が仮想通貨で貰えるだとか不動産系のトークンやNFTなどが有り不動産収入が仮想通貨で貰えるなどの収入手段もっと多ければカジノなどの娯楽で使おうと思う人もそれなりにいるでしょうが、現在仮想通貨の収益方法が多くなく『無くなってもいい額の仮想通貨』という物を持っている人が少ないであろう状況では大きな人気は得られにくい状況なのかなと思うのです。


だから、仮想通貨のオンラインカジノは生まれて来るのが少しはやかったのではないかとも思ったりしています。

だからこそトークンの現状の時価総額もそこまで高くはないのでしょう。


今後、BetFuryを始めとしたオンラインカジノは仮想通貨での経済がどれほど盛り上がるかが成長の鍵になって来るのでしょう。

その時までどれだけ認知度を増やして耐えられるか、といった感じでしょうか?


まぁ、カジノ含め娯楽という物は仮想通貨か法定通貨かに限らず経済状況という物に振り回される物でしょうしね(笑)


BetFuryはこちら。



28回の閲覧0件のコメント