top of page
  • 執筆者の写真t-saeki

今後のNFTは所有権以外の権利がある物じゃないと価値はあんまりないんじゃないのかなと思ったり


最近、NFTがバブル状態らしいですね。


1枚の絵…というか画像に何百万円とか値がついているみたいです。

しかし、言ってはアレですがそこまでの価値あるのかなぁと思うのです。


最初期の画像や既に有名な画家やイラストレーターの作品ならまだ分かるのですが、今から、そして無名な人が出しても売る意味も買う価値もないんじゃないかと思うのです。

普通の絵のように壁に飾れる訳でもありませんし。それならNFTじゃなくポストカードなどを買ったほうがまだマシな気がします。


一度今のバブルのような騒ぎが落ち着いたら、一度は一気に大多数のNFTの価値が暴落するのではないでしょうか?弾けた泡のように。


だから、今後のNFTって『所有権』以外の価値が必要だと思うのですよね。

例えば特定のゲームで使えるだとか、何かしらの特典があるだとか。既に実際にそのようなNFTも存在していますし。

例えばこれ。


今後のNFTは所有権以外の権利がある物じゃないと価値はあんまりないんじゃないのかなと

以前に紹介したブロックチェーンゲーム『クロスリンク』のNFTアイテム『BarCrossLinkカード』。


このカード、ゲームの装備として使える他に実際にあるBar『CrossLinkbar』でおまけのサービスが受けられるようです。


この他にも、海外だとホテルの1スペース分をNFTかして販売し、収益の一部配当やそのホテルを利用したら送迎のサービスがあるようです。


今後、このような特典付きNFTは増えていくのではと個人的には思って…とゆうより期待しています。







閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

仮想通貨取引で日本はどんな実力のあるトレーダーや富裕層がいても海外に勝てない理由

短刀直入に言うと、税制です。 日本は持っている仮想通貨を他の仮想通貨に換えた時点で税金が発生します。 つまり、取引する度に税金が発生する事になります。 これは何度も取引する際に非常に不利です。 仮想通貨取引で税金のかからない国とでは取引のしやすさという面で圧倒的な差があります。 日本の場合は仮想通貨取引の税金が最大55%はかかります。 その税金がなければより多くの資金を仮想通貨の取引に使えるのに、

Comentarios


bottom of page