top of page

ブロックチェーンゲームで不労所得・FIREを目指す時に必要なのはゲームスキルではない

稼げるゲーム、ブロックチェーンゲーム。

ゲームをプレイする毎に仮想通貨を入手する事が出来、その入手した仮想通貨を取引所で日本円に換金する事で稼ぐ事が出来ます。


しかし、大抵のブロックチェーンゲームはゲームに使うNFTなどの購入で初期費用もかかり、更にそこから稼ごうと思ったら長時間のゲームプレイが必要になります。


ですので、ブロックチェーンゲームは確かに稼ぐ事は出来ますが、そのゲームのためにその他を捨てる位の覚悟が無いと稼ぐ事が出来ない物だと思います。

まぁ、普通に考えればそれが当たり前なんですけどね。皆がみんな稼ぐ事が出来たらゲーム運営会社が潰れてしまいます(笑)


ですので、ブロックチェーンゲーム関連で稼ごうと思ったら、将来性に期待したブロックチェーンゲームの仮想通貨(トークン)を購入し、運用する事です。

将来性に期待したもしくは自分が好きなジャンルのブロックチェーンゲームのトークンをステーキングし保有する枚数を増やしていくのです。


増やした通貨の価値が上昇したり、ある程度の枚数に増えた時に定期的に換金するのです。

運用(ステーキング)額がそれなりにあれば、定期的にかなりの額の種駅を得る事が出来ます。

ステーキングは一度預ければ後は勝手に動いてくれますので時間を奪われる事も有りません。

また、ゲームのスキルなども一切必要が無いので


また、この方法なら海外の日本語に対応していないブロックチェーンゲームでも簡単斐稼ぐ事が出来ます。

なんせ通貨買って特定の所に預けるだけなのですから(笑)


元素騎士のトークンMVとROND


ブロックチェーンゲームで不労所得・FIREを目指すためのトークン活用術


DevikinsのDVK


ブロックチェーンゲームで不労所得・FIREを目指すためのトークン活用術

勿論、換金以外にもステーキングして稼いだブロックチェーンゲーム通貨はそれぞれのゲームでも使えるので、気に入ったゲームの仮想通貨のステーキング利益をゲームの課金に使うというのも有りでしょう。


個人的なブロックチェーンゲーム系のトークンの選び方は

・サービス開始してしばらく経っていてトークンの初期の暴騰もある程落ち着いている

・ガス代が安いチェーン(polygonとか)のブロックチェーンゲームの仮想通貨を選ぶ(少額でも取引しやすいから)


そんな条件の中で私が選んだのがDevikinsというブロックチェーンゲームのDVKというトークンです。


ブロックチェーンゲームで不労所得・FIREを目指すためのトークン活用術 今後の期待値が高いKleverチェーンのブロックチェーンゲームDevikinsのDVKトークン

KleverチェーンのブロックチェーンゲームでKleverチェーンも併せて今後発展及び知名度向上を期待しています。




仮想通貨で稼いだらちゃん税金のための計算をしておきましょう。


閲覧数:0回0件のコメント

Comments


bottom of page