もし、ビットコインが通貨として覇権を握ったとしたら誰にでもチャンスはあった分格差は今以上に拡大していくと思う


あくまで仮の話です。


今後、ビットコインを通貨として通貨として扱う国が増えビットコイン決済やビットコイン建ての投資案件などが当たり前になり既存の通貨(特に途上国などの)の多くが淘汰された時代が来たとします。


その場合、仮想通貨は今以上に価値・価格が非常に上昇しているでしょう。

2100万枚のビットコインが国家も含めた奪い合いになります。そして、ビットコインで投資出来るようになっていればわざわざ既存の法定通貨に戻す人だって少なくなるでしょうからビットコインを売ってくれる人も少なくなっていくでしょう。

そうなると、当然欲しい人ばかりが増える事になり、さらにビットコインは価格が上がる事になるでしょう。


そうなった場合、既にビットコインを保有している人は保有しているだけで相当の利益プラスになりますし、それをビットコイン建ての投資に使う事により更に利益を出す事になります。


しかし、もしそれまでにビットコインを買っていない人がいたとしたらその人達との経済格差は相当な物になるでしょう。

そして、その差はどんどん広がっていくでしょう。

先ほども書いた通り、ビットコインには発行上限があります。既存の通貨のように新たに発行して配るなんて事も出来ませんから。


しかし、その差は何も理不尽な物ではないと思います。

なぜなら誰にでもチャンスは十分にあったから。

誰でも口座開設できるし、不動産のように高額な資金が必要な訳でもありません。500円から購入可能です。


特にこの日本では尚更です。手に入れる方法は十分に用意されています。

積み立ては勿論普段ネットで買い物してる人ならポイントサイトを経由する事によって貯めたポイントなんかで実質ただでビットコインを集める事だってできます。




ビットコインに限らず、これからの時代どれだけ様々な事を調べられるかと言うのが成功の鍵だと個人的には思っています。

なんせ直ぐに何かを調べられる環境がある訳ですから。PCなりスマホなり。


そんな環境で気になったらすぐ調べるという行動をする人とそうでない人とでは知識という面で大きな開きがどんどん出来る状況でもあります。

知識が多ければ当然出来る事だって多くなります。


出来る事が多ければ当然儲ける事が出来るチャンスは増えます。

しかも今ではネットで出来る事が増えている時代です。地方などであってもチャンスは十分にあります。

ネットなら場所なんて関係ありませんし。

もし、ビットコインが通貨として覇権を握ったとしたら誰にでもチャンスはあった分格差は今以上に拡大していくと思う








3回の閲覧0件のコメント