top of page

【ASARI column#5】金本位性や銀本位性の仮想通貨はこれからも出てきてもおかしくはないと思う

かつてのお金は金や銀で出来ており、その通貨は金や銀と同等の価値を持っていました。

日本だと小判や円金貨などでしょう。





しかし、今ではこの金本位制を行っているつうかという物は存在しません。

これは経済の規模が拡大したことが影響しています。


金本位制の通貨という物はその国の持つ金や銀の量までしか発行されません。その国の経済が大きくなればなるほどその経済で使うための通貨の新規発行が難しくなるのです。

そのため、現在のほぼ全て国の通貨は国の信用で成り立っている仕組みになっているのです。


現在、金や銀の取引は証券会社を通じて取引が可能です。ただ、その金銀の取引は原則その証券会社でしか取引で来ません。


もし、金や銀の同価値の仮想通貨が有れば…と思う人もいるかもしれません。

そして、そんな仮想通貨は既に実際に存在します。


それがPAXGOLD(PAXG)という通貨です。


金本位性や銀本位性の仮想通貨はブロックチェーンの活性化に期待が出来る Kleverにも欲しい

このPAXGOLD、1枚(1PAXG)が純金1オンスと同等の価値を持っています。


このPAXGOLDの良い所は、対応している様々なウォレットに自由に送金できる事です。

どこかの証券会社に資産を拘束される事も有りません。


また、取引所によっては保有しているPAXGOLDを預けておくだけで配当も貰えたりします。


純金を担保にした仮想通貨PAXGOLDの運用配当が貰える日本語対応取引所  

画像はNEXOの物


証券会社の純金取引より自由度が高いのです。


筆者としては現状このPAXGOLDが数ある現在仮想通貨の中で[価値ある物の取引の簡略化]という物を実現していると思っています。


今後、このような純金や純銀を担保にした通貨がもっと出てきてもおかしくはないと思うのですよね。

例えば、保有する純金が1g増える毎に発行される仮想通貨プロジェクトとか。

発行する度に市場に流したりやプロジェクト支援者へのお礼の品等に使い価格は特に管理せず市場に任せ、ある程度の通貨が発行され取引が活発になればそのブロックチェーンの活性化にもつながります。


私が今注目しているKleverチェーンでもそんな通貨が出てきたら面白いのになと思ったりしています。

その取引でKleverチェーン上の取引が活発化すればKleverの知名度の向上も期待できますし。


こんな感じで


金本位性や銀本位性の仮想通でKleverchainの活性化を図る案

閲覧数:0回0件のコメント

Comments


bottom of page