top of page

【ASARI column#29】仮想通貨のマーケティング活動で名を上げて稼げるようになって承認欲求を満たしたいならKleverにはチャンスでもある

前回の記事でも書きましたが、Kleverの不満として最も挙げられているのは「マーケティングの弱さ」です。


実際、技術面のアップデート(Klever walletの対応通貨の追加など)は進んでいるようです。

つまり、宣伝能力だけがとてつもなく低いのです。


これはコミュニティなどが重要な現在の仮想通貨においてかなりのデメリットです。

しかし、これは仮想通貨で自身の知名度を上げたい人にはチャンスではあります。


なんせ最も強力な運営と言うライバルがいない訳ですから。

これから特定の仮想通貨を盛り上げて名を上げてやろうと考えている人はKleverの価値上昇に貢献すれば自身の実績を増やす事が出来ます。


マーケティングが上手くいけばKLVの価値も上がってKLVホルダーも利益を出せますし、KLVのホルダーにも感謝されるので色々と恩恵が有ります。


これから仮想通貨のマーケティングに挑戦したい方、Kleverはいかがですか?


【ASARI column#29】仮想通貨のマーケティング活動で名を上げて稼げるようになって承認欲求を満たしたいならKleverにはチャンスでもある




閲覧数:0回0件のコメント

Comments


bottom of page