top of page

【ASARI column#19】Kleverは他のチェーンとの差別化のための富裕層向けのサービス展開を追加しても良いのではないかと思っている

ビットコインに始まり、今や数多あるブロックチェーン。

その大半は売り文句は「手数料が安い、処理が速い」である事がほとんどです。


なので、今から新しいブロックチェーンが登場しても魅力が同じなら話題にもならない可能性が高いです。既に同じ魅力で既に有名になっているブロックチェーンが捨てるほどあるのですから。

つまり、別の魅力で勝負する必要があるという訳です。


では、どんな魅力を作る必要があるか。

先ほども言った通り、既存のブロックチェーンはガス代の安さを魅力に挙げています。

それはつまり、誰でも参加出来るサービスであるという事です。


聞こえは良いかもしれませんが、誰でもと言う事はそのブロックチェーン参加するハードルが低いという事です。

ハードルが低ければその分、そのブロックチェーン上に展開するサービスやプロジェクトも玉石混合となる訳です。


実際特定のブロックチェーンでプロジェクトを探す時色々ありすぎて大変だと感じた事はありませんか?


だからこそ、今後のブロックチェーンプロジェクトはそれらとは逆のハードルの高いブロックチェーンを目指しても良いのではと思うのです。

例えば、プロジェクやNFTを作るためのガス代が高かったりでおいそれとは作れないようにするなどです。


ハードルが高い分、質の高いプロジェクトが集まりやすくなりそれが自然とそのブロックチェーン自体の価値を上げるのではないかと考えています。

では、質の高いプロジェクトとは何か?という事になりますが、やはり富裕層向けのサービスになるのかなと思っています。


例えば、特定のラウンジの入場権のサービスのプロジェクトとか。

Kleverは他のブロックチェーンとの差別化のために富裕層向けサービスの拡大を目指そう

特定のトークンを一定数持っておけばそのプロジェクトが関わっているラウンジに入れるようになるサービスです。


また、ブロックチェーンのプロジェクト自体が自身のブロックチェーン上の有力なプロジェクトを支援するのも良いかもしれません。

そうする事でプロジェクト開発のモチベーションが上がる事も期待できます。


Kleverチェーンも何かそんな富裕層向けのサービスが出てくれば面白いなぁと思っています。



KleverのネイティブトークンであるKLVはBitgetにて購入可能です。

Kleverは他のブロックチェーンとの差別化のために富裕層向けサービスの拡大を目指そう ネイティブトークンKLVの購入はVIPサービスの有る取引所Bitgetで



閲覧数:2回0件のコメント

留言


bottom of page