top of page

【南アフリカランド円積立投資日記#3】外国人投資家にとって南アフリカ最大の政治的不安材料EFF(経済的解放の闘士)の議席数【外為どっとコム】【らくつむ】

更新日:7 日前

政策金利が高く、配当(スワップポイント)の大きい南アフリカランド。

他の通貨より多くの利益を得る事が出来ますが、勿論それ相応のリスクがある訳で…。


今回はそのリスクの中で政治的なリスクとして最も私が危険だと考えているリスクを紹介します。

それはEFF(経済的解放の闘士)の台頭です。


【南アフリカランド円積立投資日記#3】外国人投資家にとって南アフリカ最大の政治的不安材料EFF(経済的解放の闘士) 左翼 - 極左 マルクス・レーニン主義 左派ポピュリズム 反資本主義 反帝国主義 パン・アフリカ主義 反白人主義 反インド主義 アパルトヘイト廃止後の白人追放での衰退の失敗を繰り返すのか党首のジュリアス・マレマは白人へのヘイトスピーチで有罪判決を受けている問題人物です。 


EFFは南アフリカの政党の1つで反資本主義を掲げています。そして、南アフリカで黒人以外の所有している土地の没収などを掲げています。

このような政策が南アフリカの黒人の貧困層に支持されているようです。

党首のジュリアス・マレマは白人へのヘイトスピーチで有罪判決を受けている問題人物です。


でも実際にこんな事やってしまえば世界の投資家や会社から敬遠され言わずもがな外国からの資金や技術が入ってこなくなります。

そうなれば、南アフリカは衰退してしまうためランドの価値は暴落するでしょう。


幸い、最近の選挙では議席を減らしていますがそれでも一定数の議席を持っているのは注意したい所です。


というか、南アフリカの国民が自国の歴史を学んでいればこんな政党を支持するはずがないのですがね。


かつてアパルトヘイトが廃止され、一気白人層を追い出した際に技術も資金も一気に無くなり経済や治安悪化が進んだ訳ですから。

(※当たり前ですがアパルトヘイトが良かったという訳ではありません。ただ、廃止した後の方針が良くなかった)


その歴史を知っていれば、特定の人種の排斥を行えばどうなるか分かるはずなんですがね。


閲覧数:0回0件のコメント

Comments


bottom of page