top of page

【元餌ゴキ屋のエサ話#18】犬猫本来の消化・吸収能力や栄養バランスに合わせたら肉は牛肉や豚肉ではなく鹿肉である理由

最近犬や猫のおやつやドックフードで鹿肉素材の物を良く見るようになりました。

他にも様々な動物の肉素材の物が有りますが、その中でもペットに合った肉という物は鹿肉が一番栄養価の偏りが無く、消化器官にも合うのです。


犬猫本来の消化・吸収能力や栄養バランスに合わせたら肉は牛肉や豚肉ではなく野生の鹿肉である理由 最高品質の推薦鹿肉ドッグフードとキャットフードのご紹介 


何故かと言いますと、鹿の肉と言う物は現状最も自然に近くペットという人間以外の肉食及び雑食のペット肉だからです。

今の牛や豚は現状[人間向けの肉]になっているのです。


それは豚や牛が品種改良を行われているからです。

人間にとって美味しい肉に改良されているためそうしても犬猫にとっては脂肪分などが多すぎるのですよね。


その点野生の鹿は無駄に脂肪も付いておらず本来の[肉]という物の栄養価なのですよね。

実際に鹿とかの肉を食べてみると牛や豚に比べて味が薄く感じると思います。

でも、それが本来の肉の味なのです。


同じ野生の肉として「イノシシの肉ではダメなの?」と思う人もいるかもしれませんが、イノシシが雑食である事が壁になってきます。

鹿は草食で何を食べているかは大体把握できますがイノシシの方は何でも食べてしまうので、今までの生活で体にどんな物を蓄積しているか分からないのです。

イノシシの肉を使う位なら餌が管理された豚肉を使う方が良いです。


犬猫は長い間人間と生活していき、その間に様々な品種が生まれて人間と一緒に生活しやすくなっていますが、必要な栄養バランスや食生活なども人間に合わせて進化している訳では無いのでそこは人間用の食材と犬猫湯の素材は出来る限り分けて考えて選ぶようにしましょう。


犬用の鹿肉フードはこちら




猫用の鹿肉フードはこちら




閲覧数:0回0件のコメント
bottom of page